2020年10月マンスリー実験レポート

磁石のふしぎ(幼児~小学6年生)

【新型コロナウイルス感染症対策で、引き続き教室では、手洗い・マスク・間隔開け・換気を心掛けて取り組みました。】

9月に続き、「磁石のふしぎ」について、様々な角度から予想を立てて実験しました。

【幼児~小学2年生】

1. 顔の上に砂鉄をまいて、下から磁石で目、鼻、口、まゆげを作ります

2. 道路とその上を走る自動車を作って磁石で動かしてみました

2-1. まず、はじめに、道路を走る自動車と道路の地図を作りました。今回は、はたらく車が中心です

2-2. 車の下にクリップをつけます

2-3. 車を道路の上に置いて、下から磁石で動かして遊びます

【小学3年生~小学6年生】
小学3年生以上は、磁石の性質を確かめるための実験を、予想を立てながらいくつもやりました。

1. U字型磁石で、鉄をいちばんよく引き付ける所はどこでしょう?

2. 丸いおはしを並べます。その上に置いた棒磁石とU字型磁石にもうひとつ別の磁石を近づけたらどうなるでしょう?

3. 針金を磁石にしてみましょう(針金をU字型磁石で同じ方向にこすり続けると、針金も磁石になることを確かめました)

4. 針を水の上に浮かべて、磁石をそっと近づけたらどうなるでしょう?

5. 水そうの中にハサミ、ナイフ、かん、クリップ、くぎ、モールなどを入れ、水そうの横に磁石を近づけたらどうなるでしょう?

6. 磁石を皿の上にのせて、水に浮かべるとどうなるでしょう?(N極が北を向きます)

7. 方位磁針の針をはずして鉄を近づけてみましょう

8. 割れた磁石の極はどうなるでしょう?(割れた磁石にも新たに極ができます)