2021年2月マンスリー実験レポート

水に入れたら(幼児~小学6年生)

【新型コロナウイルス感染症対策で、引き続き教室では、手洗い・マスク・間隔開け・換気を心掛けて取り組みました。】

「水にとける」ということは、どうなることでしょう?
10種類の物質を水に入れてみたらどうなるか? とけるかとけないか? を予想してから、それぞれの違いを確かめました。
結果から、10種類の物質を「水にとけるもの」と「水にとけないもの」に分けてみました。

I. 水にとけるということは
 ⇒ とうめいになり、見えなくなることです。

II. はやくとかす方法

1. かきまぜる

2. こまかくする

3. 水の温度を上げる

4. 水の量をふやす

III. 10種類の物質を水に入れてみましょう

1. すな

2. しお

3. こうちゃのは

4. パンこ

5. 赤色のえのぐ

6. インスタントコーヒーのこな

7. 緑色のしょくべに

8. じょうはくとう(上白糖)

9. あおのり

10. クーピーペンシルのこな

IV. 結果をまとめてみよう

・水にとけたものは「しお」「赤色のえのぐ」「インスタントコーヒーのこな」「緑色のしょくべに」「じょうはくとう(上白糖)」の5つ
・水にとけなかったものは「すな」「こうちゃのは」「パンこ」「あおのり」「クーピーペンシルのこな」の5つ